読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぴぷぺ_ぽきぷし通信

過去関心 Poughkeepsie の日記(バスケ式+)

いんでわずらえ


お気づきの通り、私の関心空間はおおよそ躁病相の所産といっていい

ところが8月末から急転直下、約10年前の発病時以来の大沈殿
カイシャも休みがちになり、主治医からは久々に休職も打診された

「もういい、休んじまえ」という声
躁転時ならともかく「ここで休んだらもうオシマイ」な予感
首の皮1枚で踏みとどまる

伝家の宝刀「リチウム電池」は、腎臓への副作用で使用中止
予兆は、7/97/24頃からか

通院も今までと違い毎週、
代替の安定剤役を期待し、統合失調症用の各種向精神薬に変えては様子見、
量を増やしては効果を窺うも変化なし

当然、週末は完全引きこもり・・・
思い起こし悔やむのは、躁病相時に浮かれ、しでかしたアレコレ、
その時には自覚があるつもりでも、振り返ればないのだから始末に負えぬ
毎度のこととはいえ

私が失ってきたこの10年は決して小さなものではなく、
後悔と劣等感に苛まれ、時として絶望にすら至る
死を宣告されたわけでもないのに

私の場合、躁でも鬱でもない「安定期」を得られない
「自分らしさ」といものがあるとすれば、それを取り戻せない訳だ
落ち込みながら、攻撃的になるといった「混合期」はあっても

ついに主治医は(躁転を怖れ)封じてた各種抗鬱剤の再開に踏み切り、
最悪の状態は脱してきたのかも、と思えるようになった

例えば、こんな光景に出合ったとする
「逆光の朝日でまっ黄色に透かされた銀杏の葉」
・・・何も感じない
とはいえ、以前はそれにさえ気づかなかった訳だから改善か

HDDレコーダーに溜め込んでいた番組も観つくし
しかたないので散歩がてら、レンタル漁りにTSUTAYAへ行くまでには回復
その後また家に耽るのは変わらないけど

それにしても地元のしけた店には、なかなか面白い在庫がないのは痛い、
が想像力を必要とする本と違い、完全受け身でも「その時間だけ」は我を忘れさせてくれる
それが刹那の救い

永遠の救いがやってくるまでは

--
往んで患え!

http://www.mahoroba.ne.jp/...

「もうオウチにお帰りになり、病が辛いでしょうから床についてお休みくださいませ」
とでもいったとこであろうか、実に相手のことを慮った悪態である

西の出身で、ある程度年齢のいった方なら聞き覚えがあるのではないかしらん

家人が子供の頃、正月恒例の「花札大会」でみな熱くなってくると、
花札をきりながら、この「コトバ」とともにマッチ棒が飛び交ったという(笑)