読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぴぷぺ_ぽきぷし通信

過去関心 Poughkeepsie の日記(バスケ式+)

事故を憎んで、人を憎まず

あらぬとこから、「ふぃんふぃん」っと赤いライトまわし白バイにが現れるとき程、心臓に悪いことはない。しかし中にはこんな人もいるんだな、「ガンバレ」と応援したくなっちゃう。

途中から見始めたので、当初てっきりバイク好きの趣味が高じ白バイ隊員にまでなったんだろうなと思った。

が、違った。

こどもの頃は、兄の影響でTVの「正義の味方」ヒーローものに憧れる少女だったという。
それで(笑)大学卒業後、幾度も試験に落ちながらも諦めず、晴れて警察官に。

 そうして交番に詰めていたときのこと。
 額が血だらけになった我が子を抱きかかえた母親が助けを求めてきた。
 すぐに救急車をを呼び、本署に緊急配備を要請したが、轢き逃げ犯は見つからず・・・
 「『まことに申し訳なかですが、(犯人は)見つけられんかったとです』と、親に伝える時の悔しさはなかです。」

そこで決心をした彼女は、白バイ隊員を目指す。(別段バイクに乗った経験もないのに)
映像はモトクロッサーだったが、肋骨を折りながらも厳しい訓練を積み、苦労してやっと合格したという。

 「事故を憎んで、人を憎まず

違反者:「見逃してくれんね。」
彼女 :「見逃されんたい。」

違反者:「まけてくれんね。」
彼女 :「まけられんたいね。」

彼女の佐賀弁がなんともいい味出している。

農道で、一旦停止無視の車を止めた時の事。
バイがソフトに接する若い女性と見るや、オヤジはなめてかかりてゴネ始める。

それでも「これ以降、事故ば起こしてもらたくなかけん」とあくまで柔らかい物腰。
開き直り、逆切れ状態になったオヤジに彼女はもう対応できない。
・・・水掛け論に。

埒が明かず、しかたなく上司のおじさん白バイ隊員に応援を頼む。
オヤジ、速攻でシュン(阿呆っ)

 そのときの彼女の悔しそうな横顔ったら・・・(貰い涙)


このシリーズ、欠かさず見てる訳ではないが、昭和のおっさんにもなかなか興味深い場合が多い。ぜひ是非【再放送:NHK教育 11月20日(木)19:30~19:55】をお見逃しなきよう。

http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/...