読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぴぷぺ_ぽきぷし通信

過去関心 Poughkeepsie の日記(バスケ式+)

うんてれがん。

帰路の電車の中、窓越しにぼーっと夜の街なみを眺めてたときのこと。

ふとこの言葉がアタマの中に浮かんだ。

子供の頃、よく父親にこう叱られたものだ。
てっきり方言だとばかり思ってた。
なんだかなつかしい響き(笑)

「うんてれがん」 (雲泥頑愚)
  大辞泉:愚か者。あほう。まぬけ。江戸末期に流行した語。 
     「恐れ入って引き下がる―があるものか」〈漱石坊っちゃん

  洒落本・粋好伝夢枕
     「天晴粋の本釜となり―のくさめするのてれ幕なし」


"Jungle Boogie" Kool & The Gang 1973