読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぴぷぺ_ぽきぷし通信

過去関心 Poughkeepsie の日記(バスケ式+)

「会えぬ時は今をよき別れとしよう」

先々週、おそい墓参りで帰省した。
夜の早い年老いた両親にお休みをいい、二階の の部屋でしばし時を過ごす。

主のいなくなった空間は、あれから時間が止まってしまったようだが、本好きだった彼らしくうず高く積まれ、埃だけが堆積していく。古くはリルケボーヴォワール武田泰淳井上光晴大江健三郎安部公房・・・。 そして仕事用の料理や製菓本に、養老孟司司馬遼太郎が交じって。

痕跡をさがしていると、なにか書き連ねた机上の原稿用紙に交じり、日に焼けたちいさなメモ紙が目に入った。

誰の引用だろう・・・。 調べるとシェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」だった。

今でも悔いが残るのは、病に倒れる前、売り言葉に買い言葉の行き違いのまま別れた彼との最期。
「再び会えし時は笑みをかわし」たい。